無垢の杉フローリングを敷く-5
マンションの「防音規定」 ご存知でしょうか?

フローリングの工事を行う際に、防音についての

規則が管理組合により定められています。

防音性能には、L-45やL-40などがあり数値が低いほど

防音性能は優れている(高い)材料となります。

よって、フローリングの工事を行う際には、事前に必ず管理組合と

協議する必要があります。

一般的には、防音フローリングという建材があるのでそれを施工するのですが、

やはり無垢材を敷きたいというケースが多々ありますので専用の防音マットをフローリングの

下に敷設していきます。


d0016087_11591776.jpg












厚みが約10mm程度ありますので、その分床のレベルは上がります。

すべて敷設しました。これで防音面も安心です。


d0016087_1224671.jpg














次から、いよいよフローリング張りに入ります。
[PR]
by trust555 | 2006-01-13 12:06 | 無垢の杉フローリングを敷く
<< 無垢の杉フローリングを敷く-6 無垢の杉フローリングを敷く-4 >>