無垢の杉フローリングを敷く-6
いよいよフローリングを張る作業となります。

廊下の端の壁から合わせて張っていきます。

無垢のフローリングは、事前に敷設した

根太(ねだ)に釘で止めていきます。

d0016087_16313156.jpg
















知っていましたか?住宅のほとんどの壁が曲がっていることを!

厳密に言いますと、数ミリ単位でありますが、廊下の巾は玄関側と

リビング側とでは異なっていることがほとんどです。

よって、単純に張っていくだけでは壁との間に隙間が生じてしまいます。

壁と接する一枚については、壁の仕上がり面にあわせながら、カンナで

削って調整して、ぴったりときれいに隙間が生じないように仕上げていくのです。


d0016087_16443362.jpg















既存の木枠との取り合いの部分は、

先に木枠をフローリングの厚み分カットしていまい、

そこに差し込んでいく要領で、きれいに仕上げていきます。
[PR]
by trust555 | 2006-01-14 16:51 | 無垢の杉フローリングを敷く
<< 無垢の杉フローリングを敷く-7 無垢の杉フローリングを敷く-5 >>