多機能収納設置
天井・壁・床の工事を終えると、次に

「多機能収納」

の設置を行います。

今回のリフォームのテーマ一つに

収納の改善があります。


d0016087_1713874.jpg


以前は、収納が特に無かったために、テレビやオーディオ類が

部屋の壁際にだらだらとならんでしまっていました。

みなさんのお宅でもそうなっていませんか?

そのため、部屋の用途が定まりにくくなっていました。

今回は、「食事・団らん・就寝」という3つの

用途をきちんと区別できるように、団らんのためのツール

(テレビ、オーディオ、本、など)を一箇所にまとめました。

そうすることで、生活にもメリハリが生まれるものです。

d0016087_1713379.jpg


d0016087_17135523.jpg



いよいよ完成に近づいてきました。
[PR]
# by trust555 | 2006-03-30 17:15 | 3DKを大空間の1LDKに
パイン材を敷く
天井の作業が終了となりました。

次に、床のフローリングを張る作業となります。

ここでは、4mものであるパイン材を使用します。

部屋の長手に並行の向きに板材を合わせて

張っていきます。そうすることで完成後の部屋が

長く広く見える

効果があるのです。



d0016087_19284555.jpg



出来るだけ接着剤は使用せずに釘で固定していきます。

玄関の上がり框部分は特に慎重に作業を進めていきます。


d0016087_1933061.jpg



こういう細かな作業ほど手間をかけて行うことで、
仕上がりが断然良くなります。

3日間程で全て貼り終えました。

仕上がりをお楽しみに。
[PR]
# by trust555 | 2006-03-27 19:39 | 3DKを大空間の1LDKに
大事な下地造作工事
解体工事が終了するといよいよ

本体の造作作業を始めます。

作業の基本手順として、

高い所

から進めていきます。

まずは天井の下地造作工事から。


d0016087_19273883.jpg



この下地の造作は、一度石膏ボードを貼り付けてしまうと

やり直すのがとても苦労するため、レベルや端の納まりなど、仕上がり

をイメージしながら進めていきます。

最終的に見えなくなるため、軽く見られがちな作業ではありますが、

実は最も重要な作業と言っても過言ではありません。

仮にここで手を抜くようなことがあれば、後々の作業に必ず

響いてきます。



d0016087_19281363.jpg


今回はもともと3部屋だった部屋を1部屋つづきの天井にするため

特に、慎重に作業を進めていきました。
[PR]
# by trust555 | 2006-03-03 19:29 | 3DKを大空間の1LDKに
解体工事
いよいよ解体工事開始です。

部屋の明るさを遮っていた間仕切り壁を解体いたします。

壁は木軸の構造となっておりますので、解体が可能です。



d0016087_140432.jpg


解体工事を行うと必ず部屋いっぱいの大量の

ごみ (産業廃棄物)

が発生します。
特にマンションリフォームの場合、
その発生材を保管するスペースがないため、
その日の夕方などに、産業廃棄物処理業者のトラックを手配しておき
現場から搬出する必要があります。
ごみが大量にあると、ジャマで次の日からの作業が出来ません。
ちなみに、今回は2トン車を手配しました。



d0016087_1424675.jpg


d0016087_1431761.jpg


天井もばらします。

予定通り、天井、間仕切り、キッチンなど全て解体工事は無事終了いたしました。
[PR]
# by trust555 | 2006-02-24 14:11 | 3DKを大空間の1LDKに
工事開始
いよいよ工事に入ります。

今回は全面的なリフォームとなりますので、

工事期間中に一度、仮住まいに移っていただきました。



d0016087_13593239.jpg


d0016087_13594560.jpg


撤去する間仕切りが見えます。

天井も下地からやり替えます。


明日からは、解体工事に移ります。
[PR]
# by trust555 | 2006-02-17 14:06 | 3DKを大空間の1LDKに